blog

台風等で家に被害が出た時こそ2

2018年10月1日

台風等で家に被害が出た時こそ、建装屋に頼む理由【その2】

 

皆さん、こんにちは

H・Aです。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

記事を書いてから掲載までに多少の時差があるのですが

記事を書いている今現在…雨がすごいです。

熱さも落ち着きいよいよ秋の到来のはずなのですが、雨すごくないですか?

今って梅雨だっけ?と勘違いしそうなくらいほぼ毎日雨が降っているような気がします。

週間天気予報なんかを見ていても

月曜からずっと雨マーク、晴れているのはそのうち2日だけ…とか

梅雨かよ!!!と叫びたくなります。

 

思えば夏もこんな感じでしたね。

梅雨シーズンがいつもより早く来たかと思えばその次は台風、台風、台風

台風関係なく大豪雨もあったし。

そして晴れたかと思えば東海地方内でも各所が最高気温39度を越える猛暑日

多治見市では40度越えましたね。

 

ちなみに35度以上を猛暑日、30度以上を真夏日、25度以上を夏日と呼びます。

そろそろ気象庁も40度以上の予報用語を作った方がいいような気がします。

 

そして、そんな夏をのり越えた後に、秋と思いきや梅雨の再来?

秋雨と言えど程度ってものがありますよね。勘弁して頂きたい…

皆様もお体の方は大丈夫でしょうか?ご自愛くださいね。

 

さて、こんな異常気象には人間もまいってしまいますが

お家の方もへばってしまいますよね。

台風を持ちこたえたとしてもダメージは蓄積しますから

この連日の雨で限界突破して雨漏りの可能性も否定できません。

 

それに台風で実際にお家に被害が出たところもあると思います。

破損した場所は放置するとそこから急速に劣化していきますよ。

 

先ほど言った通り、雨が続いていますが

晴れた日にはお家を何か所か自分でもチェックをしてみましょう。

 

雨が降った日には

「雨漏りをしているか」

「壁紙にシミはないか」を自分の目で確かめておくのも大切です。

 

とやま建装さんでは雨漏り診断を無料でやって頂けますので

自分の目だけでは心配という方はプロにお任せするのがおススメです。

 

次回からは台風後の外壁と屋根のチェック項目についてです。

来週もお楽しみに!

 

この記事はホームページT‐laboがお送りいたしました!

T‐laboでは企画広報コンサルティング、Webコンサルティング、Web制作・企画・運営、デザイン、広報運営サポートなどを行っています。

ホームページのことでお悩みの方、困っている方 ぜひT‐laboにご相談ください

東海地方ならどこへでも飛んでいきます!!

https://takai-laboratory.com/

お問合せ

メール

見積もり

雨漏り診断

建物調査

pagetop