blog

台風等で家に被害が出た時こそ1

2018年9月24日

台風等で家に被害が出た時こそ、建装屋に頼む理由【その1】

 

みなさん、こんにちは

H・Aです。舞い戻ってまいりました(笑)

今回からまた連載を開始する事になりました。

 

さて、今回のテーマは「台風等で家に被害が出た時こそ、建装屋に頼む理由」です。

すごくタイムリーなテーマを出題されました。

 

今年は平成最後の夏だというのに天災が多く感じました。

7月には大豪雨で長良橋陸閘も動きましたし

台風も12号、20号、21号は特にすごかったですね。

21号の被害をテレビやSNSで確認していましたが

車も飛んでいくし

そこら中の屋根瓦は吹き飛ばされるし、

なんならベランダが飛んでいくし(!)

鉄パイプが家の壁に突き刺さったところもあるし、

各地で停電は起きるし。

25年ぶりに「非常に強い勢力」で日本に上陸したようですが

予想以上の威力でしたね。

後世に語り継いでも「話を盛っているでしょう?」と疑われかねないレベルでした。

 

この場を借りて 被害に遭われた方は、心よりお見舞いを申し上げます。

皆さんのお家は大丈夫でしたでしょうか?

 

今回のような台風は毎年くるような大きさではなかったものの

次いつ来てもおかしくはありません。

今回25年ぶりだっただけであり

次来るのは来年かもしれないし10年後かもしれないし。

誰にも予測はできません。もしかしたらまた今年同じ大きさの台風が来る可能性も0ではありません。

台風被害にあってしまった方も、幸い被害を受けなかった方も

今回の台風でお家傷んでしまった可能性も否定できませんので

今回から5週にわたり「台風」に関しての記事になります。

心当たりがある方や心配ごとがある方の参考になればと思いますので

読んで頂ければ幸いです。

この記事はホームページT‐laboがお送りいたしました!

T‐laboでは企画広報コンサルティング、Webコンサルティング、Web制作・企画・運営、デザイン、広報運営サポートなどを行っています。

ホームページのことでお悩みの方、困っている方 ぜひT‐laboにご相談ください

東海地方ならどこへでも飛んでいきます!!

https://takai-laboratory.com/

お問合せ

メール

見積もり

雨漏り診断

建物調査

pagetop